« 物書きさんに20のお題 // 03.世界を変える方法 | トップページ | 物書きさんに20のお題 // 05.リセット »

2005年7月 2日 (土)

物書きさんに20のお題 // 04.サイン帳

人物設定;
主人公>>サナエ(女)
サナエの想い人>>サトウシュン(男)
サナエの母(女)

 

 

■もうすぐこの家から旅立ちますから■

 

 

 押入れの整理をしていたら、中学の時のサイン帳が見付かった。

「うわ~…懐かしいー」

 本や紙束や服やよくわからない物で溢れた山の真ん中で、私はそのサイン帳を開いた。
 一番初めは、自分のページ。
 中学生の私が好きだった物や、興味のあった物。それから好きな人の名前なんかも書いてある。

「私の好きな人は、サトウシュンくん…」

 サッカー部のエースだった、シュンくん。
 中学2年生の時に同じクラスになって、2回目の席替えで隣の席になった時に、初めて意識した。
 シュンくんはよく宿題を忘れて、授業もほとんど寝ていて、先生によく怒られて、でも全然悪びれることはなくて、みんなと仲良しで、笑顔が素敵で、カッコ良くて背が高くてスポーツマンで…
 実は席替えの前まで、バスケ部のマヤマくんが好きだったんだけど、クラスは同じにならないし、私はテニス部だったから部活をしているところも見に行けないし…まあ、廊下ですれ違った時の一目惚れだったし?
 やっぱ、遠くの親戚より近くの他人…な私の恋愛って…

「わ、若かったねー私ってば!!」

 妙な照れ臭さを、私は大きめの独り言で誤魔化した。

「サナエちゃん、まだ終わらないの?」

 片付けの進まない私を心配して、母が私の部屋のドアから顔を覗かせた。

「まー…こんなに散らかしちゃって」

 あからさまに呆れた顔をする母に、私は口を尖らせた。

「うるさいなーこれでも片付けてるの!」
「全部引っ張り出さないと片付けられないって…これからアンタを嫁に出すのが、お母さん心配でたまらないわ。ちょっと、考え直したらアンタ?」
「もー!!私には私のやり方があるんだから、口出ししないでよ!!」
「だってねえ…どう思います?」
「あー…これはちょっとヤバイですねー」
「ちょっ?!なんでシュンちゃんいるの!!」

 スーツの上着を手に持ったシュンがひょっこりと現れたことに驚く私を、彼と母はコロコロと笑った。

「なんでって、迎えに来たんだよ?」
「今日はシュン君のお宅で夕飯をとるんでしょう?」
「だって、まだ早…くないし!なんでこんなに時間経ってるの?!」
「だから、アンタが片付けの下手クソな子だからでしょう?」
「もー!そんなこと今言われたくない!それより行く準備しなきゃ!」
「いいよ、そのままで。もう時間ないし」
「良、く、な、いっ!埃まみれだし、髪もボサボサだし、これ部屋着だし!」
「じゃあ、俺ウチに連絡入れてくるから、ちゃんと準備しな」
「わかった!ごめん!ありがとう!」

 笑顔のまま、シュンはケータイを取り出して廊下の奥へ行った。
 また呆れ顔になった母が、腕を組んで口の端を上げる。

「本当に、アンタには勿体無いわよねー?」
「うるさいっ!!」

 あくまで皮肉る母に、私は怒鳴り返した。
 いや、確かに勿体無いかもしれないけど…
 いいじゃん!シュンくんは私のこういうところも知ってて、ずっと付き合って結婚してくれるんだからね!

 

 
【end】

« 物書きさんに20のお題 // 03.世界を変える方法 | トップページ | 物書きさんに20のお題 // 05.リセット »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114265/4790799

この記事へのトラックバック一覧です: 物書きさんに20のお題 // 04.サイン帳:

« 物書きさんに20のお題 // 03.世界を変える方法 | トップページ | 物書きさんに20のお題 // 05.リセット »

MY HOME

お役立ちサイト



  • ↑無料レンタルカウンター↑
無料ブログはココログ