« 物書きさんに20のお題 // 02.水たまり | トップページ | 物書きさんに20のお題 // 04.サイン帳 »

2005年6月30日 (木)

物書きさんに20のお題 // 03.世界を変える方法

人物設定;
主人公>>占い師(女)
相談者>>青年(男)

 

 

■ある路地裏の占い師の話■

 

 

 私は駅前通から少し路地に入ったところに小さな店を構える、しがない占い師でした。
 日に2、3人訪れる人たちに、僅かな報酬をいただいては、近い未来を占っております。
 今日も、店を開いてから2時間ほどして、1人の青年が訪れました。
 夏だというのに、紺色のロングコートを身に付けて、同色のハットを目深く被っていました。
 彼は人目を気にするように、私の店に入ってからもキョロキョロと辺りの警戒を怠りませんでした。
 私は彼を落ち着かせるよう、静かな声で用件を尋ねました。
 すると彼は、少しおびえのある瞳で私を見つめ、『世界を変える方法』を教えてほしいと言ってきました。
 あまりに漠然とした壮大な問いに、私は一寸息を飲んで、彼に気付かれないように深呼吸をしました。
 私は今までに、その類の相談を受けた事が無かった為に、恥ずかしながら、うろたえたのです。
 駅前通から少し路地に外れた小さな占い屋は、その日に飲み会で知り合った男性との相性を占ったり、ホテル帰りの不倫相手との今後の未来を占う事が主な仕事なのです。
 それでも私は、勤続10年以上の、一端の占い師です。
 彼の言う世界とは、あなた自身の世界であるのか、それとも国際的な世界であるのか、そこから問いただしました。
 彼は、国際的な世界、と答えました。
 私は次に、世界をどのように変えたいのかを問いただしました。ただ変えると言っても、氷を水に変えるのと、石を金に変えるのでは、大きく意味が違います。今ある世界を、善悪の方向へ導くのか、それとも今ある世界を全く別の世界にしたいのか。
 彼は、そこまで深く考えていなかったのか、目線を上に向かせて考えた後、後者を望みました。
 私は彼に手相を見せるように言いました。
 紺色のロングコートの袖から出された手は細く、とても白く、手首の周りには傷跡が多く見られました。
 私は目を凝らして、彼の掌を見ました。
 ごく平凡な家庭で、平凡に育った青年。でも成人になる前くらいから、健康状態が芳しくなく、不規則な生活を送っている。金運に恵まれていて、望むものは向こうから舞い込んでくる。ロマンチストで感情的であるにも関わらず、非常に冷静沈着な面も兼ね備わっている。
 彼が世界を変えるには、今の情熱を失わないように、小さなものでも何らかの形にそれを留めていくこと。そして同じ志を持った人間を集めて、互いの夢を話し合うこと。
 私は彼の生年月日を聞いて、さらに詳しい指針を彼に教えました。
 まず、この国では何も成し遂げられない事。西の方角へ行く事。水のある場所で、積極的に人に話し掛けること。変化はすぐに見られるものではないけども、7年以内には結果が目に見えてくること。
 彼は神妙な面持ちで、私の言葉を受け止めていました。
 そして占いを終えた後、彼は私に報酬の入った封筒を渡し、頭を下げて店から出て行きました。

 
 

 あれから5年後。
 今も私は駅前通から少し路地に入ったところで小さな占い屋を開いています。
 ですが、5年前とは、ちょっと様子が変わりました。
 日に2、3人だったお客様が、急に100人近く訪れるようになったのです。
 不思議に思っていた私に、毎月尋ねてくれる常連のお客様がこのようになった理由を教えてくれました。
 今年の初め、世界的に大きな影響力をもってる某軍事大国の国防長官に、初の日系アメリカ人が信任されました。そして政府公式ホームページで掲載される今月の長官のコラムで、彼は『自分がこの国の国防長官に成れたのは、元祖国で出会った一人の占い師のおかげでした』と言ったそうです。
 私はあまりに驚いて、お客様の前だというのに間抜けにも口を大きく開けてしまいました。
 その日に店を閉めた後、私は深夜まで営業しているコンビニエンス・ストアーで、一番分厚い新聞を購入しました。そして世界情勢の載っている面を開いて、某国の国防長官の顔を紙面で確認しました。
 私は今までに何度も、紙面や液晶画面で国防長官の顔を拝見した事はありました。しかしその長官と、5年前の彼が、結びつくとは全く思っていませんでした。
 史上最年少の国防長官として、ギネスに申請中の彼は、日本人としてはごくごくありふれた顔立ちの青年でした。
 彼はインタビュアーに笑みを作り、質問に答えていました。

 

【インタビュアー;
今の世界情勢では、この国はまさに背水の陣…水際に立たされている等しい状況だけど、君はこれからどのようにこの国を変えていくか具体的な指針はあるのかい?

 

 国防長官;
もちろん。何も考えないで、長官になったわけではないからね。これから任期の間…そう、あと2年もしたら、きっとあっと驚くような事が起こるから、今は楽しみに待っていてとだけ言っておこう。】

 

 これから2年後。
 彼はどう世界を変えるつもりなのか、私は期待よりも不安が大きくて、眠れぬ日々が続いております。

 

 

【end】

« 物書きさんに20のお題 // 02.水たまり | トップページ | 物書きさんに20のお題 // 04.サイン帳 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114265/4771526

この記事へのトラックバック一覧です: 物書きさんに20のお題 // 03.世界を変える方法:

« 物書きさんに20のお題 // 02.水たまり | トップページ | 物書きさんに20のお題 // 04.サイン帳 »

MY HOME

お役立ちサイト



  • ↑無料レンタルカウンター↑
無料ブログはココログ